隣駅の北千里駅前の銀行に用事で行っていたら、
なぜかどうしてもチキンの口になり、行ってしまった。。

バスロータリーをぐるっと回って反対側にあるお店に向かいながら
セットとかは多過ぎ、でも1ピースだと脚のドラムがくるかも知れんので、オリジナルチキンを2ピース頼もう、、など思いながら到着

店頭のメニューを見るが、至る所セットメニューばかりが目に入って目当ての単品が見つからない、、
仕方なくカウンターにて
「単品はどこに載ってる?」
指し示されたメニューの中のチキンバーレルの横にひっそりと書いてあった。

私:じゃあ、このチキン2つ!
店員さん:かしこまりました!!(背のひょろっと高い、大学生風で男前な店員さん)
と元気に言ったかと思いきや

店員さん:こちらの5つのセットが今お得になっております!
私:いや、2つで、、
店員さん:かしこまりました!レッドホットはいかがですか?
私:いや、この2つで、、、
店員さん:かしこまりました!ご一緒にセットの商品はいかがですか?
私:いや、この2つで、、
店員さん:かしこまりました!他にお得なセットはいかがですか?
私:いや、この2つで、、

俺初っ端から単品2つでいいと言ったのに、なぜ多いものを勧める?
体型を見て、食べそうに見えるのか?2つじゃ足りないだろ?と思った?繰り返しセットを俺に勧めてきた、、

ようやく、2ピース分の精算を終えると
カウンター内で私たちのやり取りを背中で聞いていた風の店員がこちらに振り向いたと思ったら、
「お待たせしました!」商品を渡された

いや、待ち時間ゼロ!
これは実は待たせない為に俺にセットを勧めてきたのか?
新手の接客方法だな、、やり取りにイラッとしながらも会計後すぐに商品を渡されスッキリした

いや、何だこれは、、なんかモヤモヤしながら

彼はおそらく定形文言を言わなければならなかったのだろう
私の体型に合わせて進めたわけではないのだろう
背中を向けていた店員さんに一言一句聞かれていたのだと思う

う〜ん、考えさせられるなぁ
こんな接客じゃAIとかbotとかとやり取りする方がいいんじゃないかと思ってしまう

接客業も大変だ

最後に、何年振りかのチキン安定の味でしたご馳走様でした

最後まで、読んで頂きありがとうございました

T-Roomニュースレター

ご登録いただけますと、T-roomの最新情報をメールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。