松本清張の誤差を観た

松本清張の誤差を観ました

確か、松本清張との出会いは竹中直人とキッチュ(松尾貴史)のモノマネから知りました笑

その後、両親が好きだった「点と線」を高校生の時に読んでから
この社会派推理小説の虜になりました

「誤差」は短編集の中の一つのようです
読んだ事はありませんでした

さて、ドラマですが
出演者の村上弘明(刑事)と陣内孝則(法医学教授)の人間模様が面白く
その心の機微と行動に目がいき、この二人の関係がどうなるのか?
そんなことを思いながら観ていました

この二人はお互いプロとして「何が」大事かを充分に知っています
感情を挟まず状況だけを、結果だけを、言い合うというギクシャクした出会いがあり周囲をハラハラさせます

後に、何故あの時にそういった態度を取ったのか
が気になり
そうまでしてプロ根性を貫かないといけない「何か」に興味を持ち始めます
そんな中、経緯などを人を介して知り、感情に触れることでその刑事の「人となり」が分かり始めます

すると、行動が変わりだします
そこはお互いプロ
やるべきことがハッキリとわかっています

結果、犯罪の解決に結びつく

まずは感情を持たない、フラットにいる
そして、ではなぜ自分がそういう感情になったか
相手はどうか
(自分の感情に触れることが最初かなぁ)

そう、自分(ここ大事)と相手の感情に興味を持つことで
理解が深まるという

ドラマを観ながら、そんなことを考えていました

***********************************
4月より実施中 トラべシーア_コーチてつにぃ『無料セッション』について

現在の空き状況、5月13日午後
5月14日夕方
5月15日午後
5月17日午後

詳しい時間はメール、messengerにお問い合わせください
mail : travessia@icloud.com
messenger : https://m.me/tetsuya.higashikawa/
***********************************

T-Roomニュースレター

ご登録いただけますと、T-roomの最新情報をメールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

朝活読書会 第1回

次の記事

アヒージョ1回目