「ライリー・ノース 復讐の女神」

96時間のスタッフが作るってコピーは観るっきゃないでしょ
で、こちらはお父さんではなくお母さんが頑張る映画

主役が女性でアクションするって
どうしてもリュック・ベッソン映画を連想してしまう
なぞってしまう

もしくは、ミラ・ジョボビッチ、アンジェリーナ・ジョリーを
イメージしてしまった
そんなことを考えてたら見劣りしちゃったじゃないか

もっとフラットに観てあげないと
普通の主婦がめっちゃ頑張ってたよ
すげ〜短期間で殺人マシーンになってたよ

CIAから絶対誘われるレベルぅ〜
ワクワクとは違うけど、あのお母さんの情熱っぷりは凄い
想いを持ち続けると、人はなんでも出来る!!

お勧め__女性が活躍する映画好き、アクション好き

T-Roomニュースレター

ご登録いただけますと、T-roomの最新情報をメールでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です